YouTubeが宣伝メディアとして優れている3つの理由

・店舗様向け

理由はYouTubeが、一番多くの人が見て、一番長く応募があり、とっても簡単に宣伝できるメデアであるからです。

以下で説明していきますね。

SNSで最大のシェア

下記のグラフが2018年度のSNSシェアです。

LINEは使われ方が異なるので外すと、ぶっちぎりですね。

5Gも実用化されますので、画像 → 動画の時代が到来してます。

 

長期運用可能

最近はTikTokなどの動画配信アプリが人気ですが、長期で宣伝したい場合は、YouTubeが優れています。

試しに『メンズエステ』で検索してみました。

2番目に2年前の動画がヒットしてます。YouTubeはランダム表示で、過去の記事も掲載されます。

人気のある動画の方が表示機会が多いですが、どんなに人気があっても、Twitterでは頑張って1週間、私が運営しているブログ形式のサイトでも、新しい記事に埋もれて1ヶ月程度で賞味期限になります。

他SNSへ簡単展開

googleが所有するクラウドを利用しますので、大きなサイズの動画でも環境を気にすることなく、セキュアに運用が可能です。

また、一度アップしてしまえば、他メディアへも容易に展開できます。Twitterは『共有』『twitter』の2回でアップできます。

サイト埋め込みは「埋め込む」でiframe埋め込みますが、Wordpressの場合は動画URLを張り付けるだけで配置でき、とっても簡単です。(Wordpressの標準機能)

まとめ

ざっくりとご説明しましたが、結論からすると『YouTubeを使わない手はない!』のはご理解いただけたのではないでしょうか。

動画が画像より優れている理由
閲覧者の心理として、画像の方が信憑性が高いとの印象を持からです。
圧倒的な情報量の配信のため、修正などのごまかしがききません。
画像より動画での案内の方が同じ情報でも、訴求力が高くなります。

動画作成します

とはいえ、なかなか思うような動画の作成は難しいとお考えかもしれません。

そんな方は是非ご用命ください。今なら無料でお作りします。

当サイトも、サイト閲覧ユーザー向けのレポートは書けますし、YouTubeのチャンネルは充実し、イコール各動画の視聴回数もアップします。(同コンセプト動画本数が多いチャンネルが優位)

お互いに発展できるお話ですので、お気兼ねなくお申し付けください。

動画の詳細は以下ページをご覧ください。

求人用PV

タイトルとURLをコピーしました